賃貸物件やゼロエネ物件等様々な物件の情報を知る

環境への配慮

ゼロエネ住宅は環境にもお財布にも優しい

環境への配慮や光熱費の削減のため、ゼロエネ住宅というものに注目が集まっています。ゼロエネ住宅とは、エネルギー収支がゼロということです。つまり住宅で使うエネルギーと作り出すエネルギーが同じか、作り出すエネルギーの方が大きい住宅のことです。 ゼロエネ住宅を作るには、まず住宅で利用するエネルギーをどう抑えるかということです。住宅では冷暖房に多くのエネルギーを使います。そのため、性能のよい断熱材を使用したり、日当たりや風通しなどを計算してより効率の良い冷暖房ができる住宅にします。 そして、それらに使うエネルギーを作り出すために太陽光発電システムを利用します。こちらも日当たりなどを考慮してより発電量が多いものを採用します。 これらの工夫を行ったゼロエネ住宅は、環境に優しく経済的にも優れたものになります。

光熱費削減と補助金制度

ゼロエネ住宅は現在、多くのホームメーカや工務店で取り入れられています。光熱費が抑えられるのは、利用者にとって長期に渡ってお得になるシステムですので、ゼロエネ住宅を建てたいという方も多いです。 また、現在では国から多くの補助金をいただける制度があります。定められたゼロエネ住宅の条件を満たしていると、最大で350万もの補助金をもらうことができます。こうした制度もあって、ゼロエネ住宅はどんどん広がりをみせています。 震災により原子力発電への不安が募る中、自宅で使うエネルギーは自然のエネルギーを利用して作り出すということがより必要となってきます。多くの住宅がゼロエネ住宅になることで、原子力発電に頼る生活を変えることができるかもしれません。